MENU

プレグルCB-1の口コミが気になる方へ。それよりも大事なこと

プレグルes-46

プレグルCB-1は不妊治療の雑誌にも掲載されている妊活サプリメント。卵子や精子を育てるミトコンドリアの機能を改善と回復させ、妊娠率をアップを狙うサプリとして注目を浴びています。

 

なかなか子供を授かれない

いい卵子が育たない

移植する時のグレードが低い

精子の奇形率が多い

健康な子供が生まれてきて欲しい

不妊治療をする前にまずはサプリで妊娠できるか試したい

 

こんな御夫婦に選ばれています。

 

不妊治療

結婚をしたら自然に子供は授かるものだと思っていたのになかなか授かれない、病院に行って検査をしたのに原因不明だった、という御夫婦は多いです。

 

また高度生殖医療である体外受精、顕微授精をしなければ妊娠することができない御夫婦の場合、精神的、肉体的、金銭的負担が大きくかかり、さらにゴールが見えない治療ともあり多大なストレスがかかってきます。

 

1ヶ月でも早く答えが欲しい。早く妊娠したい。授かりたい。プレグルes-46はそんな御夫婦50万個手元に届けられた販売実績があります。

 

不妊治療の現場で胚培養士として働いていた本音

受精卵

私は以前受精卵を育てる胚培養士というお仕事をさせていただいていました。

 

体外受精、顕微授精を受けられる御夫婦の奥様は、ほとんどが40歳前後の方です。今まで仕事を頑張ってきていざ子供が欲しい!と思ったらなかなか授からない…そんな御夫婦が非常に多かったのを覚えています。

 

現実は厳しいです。卵子の質は年齢とともに衰え、35歳で自然妊娠率がガクッと下がります。

 

40歳前後の御夫婦の場合、タイミングや人工受精では授からず、年齢的に時間をかけている余裕がないので早い段階で体外受精や顕微授精にステップアップされる方がほとんどです。

 

で、実際に採卵をするとどうか。30代の方は10個近く卵子が取れる方もいらっしゃいますが、40歳以上の方だと卵子が取れて1個、2個が平均的です。

 

となると、この1個、2個の卵子に子供を授かる可能性をかけるしかありません。

 

体外受精ではシャーレの上で自然に授精するのを待つだけですが、顕微授精は直接卵子の中に精子を入れるため針による物理的なダメージにも耐えられる卵子のみが授精することができます。

 

顕微授精をおこなった翌日に授精をしているかの確認をしますが、残念ながら顕微授精をおこなった数分後には針によるダメージに耐えられず、死んでしまう卵子もいます。

 

やっと採取できたたった1個、2個の卵子が、授精をする前に死んでしまったら…。厳しいですが、妊娠までの道のりは遠くなります。

高齢で妊娠できる人とできない人の違い

これは「卵子の質」が大きく関わっています。卵子の質がよければ初めての顕微授精で妊娠される方もいます。

 

逆に何度やってもなかなか妊娠できない方は、授精した後の卵子の成長が思わしくなく、移植できたとしてもグレードが低い受精卵ばかりだったりします。

 

私は胚培養士として働く傍ら、「元気な卵子がさえ採卵できれば…」と何度も思っていました。

卵子の質がとにかく重要

実際に体外授精、顕微授精をしていた胚培養士の立場から言わせてもらうと、「卵子の質」は非常に大切です。

 

卵子の質が妊娠するか、しないかの大きな要因になってくるというのは紛れもない事実です。

 

見えないゴールに苦しみ、何度も何度もチャレンジする御夫婦もいますが、経済的に途中で諦めてしまう御夫婦もいます。

 

妊活は引き延ばせば伸ばすほど妊娠の可能性が遠くなります。なので、もし自分が高齢でお子様を望んでいるのであれば、少しでも妊娠に近づくための行動をとって欲しいと思っています。

プレグルCB-1にはどんな効果があるの?

プレグルCB-1はゲンナイ製薬株式会社が専門医師と共同開発してできた妊活に特化したサプリメントです。

 

ミトコンドリア

私たち人間は細胞内にあるミトコンドリアをエネルギー源としていますが、年をとるとミトコンドリアは弱体化し、卵子や精子に供給するエネルギーが減少します。

 

すると正常な機能をもった卵子・精子が作られにくくなり、正常な減数分裂が行われにくくなる、受精したとしてもその後順調に成長することができない受精卵ができやすくなります。

 

そんな、年齢とともに進む卵子と精子の老化を防ぎ、ミトコンドリアを活性化させて卵子と精子に本来の働きをさせることを目的としたのがこのプレグルCB-1です。

 

プレグルCB-1はミトコンドリアを活性化させるために「卵子へのエネルギー供給」と「抗酸化」に働きかけてくれます。

 

プレグルCB-1には

コエンザイムQ10

リコマット

ヴィネアトロール

の3成分が配合されています。

 

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は強い抗酸化作用があり、さらにミトコンドリアがエネルギーを作る時に必要な栄養素をもっています。

 

ですが、20歳をピークにその量は減少していきます。つまり、コエンザイムQ10を外部から補うことで質のいい卵子や精子を作る手助けになります。

 

リコマット

リコマットはトマトに含まれるリコピンの機能を高めた成分です。リコピンが精子の数を増やし、運動率を高めて精子の奇形率を減らします。

 

ヴィネアトロール

ヴィネアトロールには強い抗酸化作用があり、卵子へエネルギーを供給して活性化させる働きがあります。

 

卵子や精子の老化を予防し、エネルギーを供給して質の高い生殖細胞が作られるのをサポートしてくれるのがプレグルCB-1と言えそうですね。

プレグルCB-1の口コミは怪しい?

30代後半の結婚だったので年齢的にホルモンバランスも悪いのかなかなか授かれませんでした。ですが、プレグルCB-1を1年間飲み続けたら治療のかいもあって妊娠できました。私だけではなく、主人も一緒に飲んでいましたよ。

 

もともと生理不順でホルモンのバランスも良くなく、卵子の状態も良好とは言えませんでしたが、プレグルCB-1を飲見始めて4ヶ月目くらいで妊娠でき、病院の先生にも驚かれました。

 

排卵誘発の注射を打って妊活をしていましたがなかなか授からず、こんなに頑張っても授かることができないんだと精神的に追い詰められていた時に旦那がプレグルCB-1を見つけて定期購入してくれました。信じて飲み続けて6ヶ月後に妊娠がわかりました。もっと早くプレグルCB-1を見つけていればお金もかからず辛い思いもしませんでした。不妊治療でお金がかかる前に試して欲しいです。

 

プレグルCB-1の口コミをみると、すでに不妊治療をしている中で飲まれる夫婦や不妊治療をする前にまずはプレグルCB-1を飲んで体質改善をしてみようとされる御夫婦がいらっしゃいました。

 

プレグルCB-1の口コミを見ると高齢御夫婦の方がプレグルCB-1の口コミを飲み始めてから数ヵ月で妊娠できた!といった口コミが並んでいます。

 

一体どれだけの夫婦がプレグルCB-1の口コミを飲んで、その中の何割の方が妊娠しているのか…これは統計をとらない限りわかりません。

 

ただ、妊娠できた人がいるというのは紛れもない事実なのでしょう。

 

プレグルCB-1を飲んだ方の年齢、体質、飲み方によってもプレグルCB-1の効果は異なり、誰が飲んでも全く同じような効果が得られるというわけではありません。

 

体内で起こっていることは目に見えないので、結果論でしかその効果はわかりません。ただ、ミトコンドリアを活性化させて元気な卵子を育てる。ということは理にかなっている方法ではあります。

 

普通の葉酸サプリには「卵子を元気にさせる力」はありません。妊娠してから胎児と母体に必要な栄養素を届けるサプリメントであって、妊娠力が低くなっている方が飲んで妊娠が近づくサプリメントではありません。

 

自力で妊娠できる力が十分に備わっている人が飲むサプリメントとしては適していますが、不妊治療を行い年齢的に焦っている御夫婦が選択するサプリとしては生ぬるい…とも言えます。

 

精神的にも辛くなってしまう不妊治療。これだけ口コミが良ければ飲んでみるのも悪くはないかもしれません。

プレグルes-46を買ったほうがいい人、買わなくても良い人

で特にどんな御夫婦にプレグルCB-1の購入が理想的か、不妊治療の現場で働いていた経験からお話させていただくと、

 

不妊治療でお金をかける前に妊娠したい御夫婦

体外受精・顕微授精の選択をした御夫婦

奥様が30代後半以降である御夫婦

少しでも卵子の質をあげたい方

受精率・受精卵の育ちが良くない方

 

です。

 

プレグルes-46は無料ではありません。葉酸サプリとは異なり直接妊娠率をあげるサプリメントなので、お値段もそれなりにします。

 

体外授精、顕微授精をすると助成金は受けられるものの、それだけで高額な費用がかかり余った受精卵を凍結すればさらに費用がかさみます。

 

なのでいかに早く妊娠かが大切です。上記の方に当てはまる方は年齢を重ねて治療継続を諦める時にあの時飲んでいたら違かったのかな…となる前に、プレグルCB-1を手に取っていただきたいです。

ミトコアとプレグルCB-1ならどちらがよい?

プレグルCB-1と同様、「ミトコア300mg」もサプリメントでできる卵子・精子のエイジングケアサプリメントとして人気を集めていますね。

 

ミトコアはシンゲンメディカル株式会社が販売しているサプリメントで、卵子と精子の質の改善を目的としたサプリメントとしては先発組です。プレグルCB-1はミトコアに続いた後発組です。

 

この二つならどちらがより妊活に理想的でしょうか?このミトコア300mgとプレグルCB-1をそれぞれ比較してみました。

 

ミトコアの配合成分
・イースターティックミネラル
・オリーブ葉抽出物
・ジオスゲニン配糖体
・イソフラボン

 

イースターティックミネラルは卵子と精子のミトコンドリアに働きかけ、ミトコンドリアを活性化させることで卵子の質と精子の運動率の向上させることができます。

 

実際にミトコアは臨床試験が行われ、ミトコアを飲んだ男性の精子の運動率、精子量がともに向上したことが実証されています。

胚培養士の立場からするとどうか

元杯培養士の私が不妊治療を受けていてこのサプリメントが目の前にあったら購入していたかどうかと聞かれたら、迷ったあげく購入していたと思います。

 

実際に働いていたからこそ、ちんたら治療を続けていても妊娠の可能性は刻々と下がっていきます。それなら今だけかかる費用として、かけてみる価値はあるのではないか?と判断したでしょう。

 

プレグルes-46は一生飲むサプリメントではありません。数ヵ月、数年経過しても妊娠しなかった時あの時飲んでいたら違かったかな…そう思いたくありません。

 

プレグルes-46を飲んで治療を頑張って、それでもダメだったら…自分に諦めをつけさせることもできると思いました。

 

子供という存在は人生を変える存在だから。だから尽くせる手は尽くしたい。今だけだから騙されと思って飲んでみよう。

 

私ならそう思います。