MENU

高齢出産のリスク

高齢出産 リスク

高齢出産とは35歳以上で初産となる場合を指しますが、今の日本では高齢出産はさほどめずらしいものではありません。

 

女性の社会進出が増え晩婚化が進んでいる今、30代後半で妊娠する女性は昔と比べ非常に多くなりました。

 

そんな高齢出産ですが20代や30代前半で妊娠した時と比較し、様々なリスクを抱えての妊娠・出産となるケースが多いのも事実です。

 

ここでは高齢出産をするにあたり、確認しておきたい事を紹介していきます。

高齢出産で抱えやすいリスク

お産が長時間になりやすい

始めての出産の場合、どなたも子宮や産道が固いためお産が長くなりやすいですが、高齢出産の場合より若い人より固いため、お産が長くなりやすいです。

 

赤ちゃんがなかなか下がってこなかったり、子宮口が開きにくいなど、難産になりやすいケースがあります。

流産

高齢での妊娠は受精卵の染色体異常が原因の流産率が高くなります。

 

流産はどの年齢にも起こり得るものですが、妊娠時の年齢があがるにつれて流産率が高まることは明瞭化されています。

 

流産率は35歳を超えると急上昇し、40歳以上の妊娠では統計上2人に1人が流産を経験してしまいます。

先天性異常の発症

高齢出産の場合、生まれてくる我が子が先天性異常を抱えて産まれる割合が高くなります。特にダウン症の出生率があがるというのは多くの人がご存知だと思います。

 

40歳で出産した女性と25歳で出産した女性のダウン症出生率の違いを比較すると、40歳で出産した女性は約10倍近くダウン症の子供が産まれる割合が高くなります。

 

ダウン症以外の先天性異常は無脳症や二分脊椎症があげられます。無脳症の場合大半の胎児が死産し、二分脊椎症の場合出生後「シャント」と言われる脳手術が必要になります。

 

先天性異常の発生は卵子の老化が一つの要因とされています。

妊娠高血圧症候群になりやすい

高齢出産の場合、卵巣や血管の機能が低下するため、妊娠中特有の病気にかかりやすくなります。

 

妊娠高血圧症候群になると赤ちゃんや母体にも負担がかかり、帝王切開になるケースもあります。

 

妊娠期間は10ヶ月と長い期間です。この期間なにも問題なく健やかに過ごせるのが一番ですが、なにが起こるかわからないのが妊娠中でもあります。

 

お腹の赤ちゃんはお母さんだけが頼りなので可能な限りリスクが少ない年齢で出産したいものです。子供が欲しい、妊活をしなくてはいけない場合は少しでも早く授かるために積極的に妊活を行ってくださいね。

 

高齢出産をされる方は元気な赤ちゃんを産むためにも卵子の質が高いうちに、また卵子の質を高めて出産されることをオススメします。

 

TOPページ:プレグルCB-1の口コミ・妊活効果を元胚培養士が検証>>