MENU

ダウン症と卵子と精子の質の関係性

高齢出産になると気になるのが、ダウン症が生まれる確率についてではないでしょうか?

 

ダウン症は母体の出産年齢が上昇するほど出生率があがり、

20歳の場合1667分の1

30歳では952分の1

40歳では106分の1

の確率で生まれていると言われています。

 

晩婚化が進み高齢出産が増えた今、ダウン症の出生率は昔に比べ2倍に増えています。

 

ダウン症の原因は卵子、もしくは精子が分裂を行う際に異常が起きてしまうことが原因です。

 

また受精後、減数分裂がうまくいかなかった時もダウン症を発症します。

 

この細胞分裂の異常には卵子、精子の質が関わっています。

 

生殖細胞は老化が進むと分裂機能が衰え、結果的に異常分裂した生殖細胞の数の割合が高くなります。

 

すると当然染色体異常をもった生殖細胞が受精する可能性が高くなるというわけです。

 

ですが、その生殖細胞が実年齢とは関係なく正常分裂ができたらどうでしょうか?

 

母体の年齢関係なく正常な生殖細胞が作られれば、当然ダウン症が生まれる可能性が低くなります。

 

ミトコンドリアの質を上げるということは妊娠しやすくするだけではなく、ダウン症を防ぐ意味も持っています。

 

プレグルは妊娠しやすくするサプリメントであると同時に、ダウン症を防ぐサプリでもあると言えそうです。

 

ダウン症が生まれる確率が高くなる年齢にさしかかる方は、ダウン症発症の可能性を下げるためにも、卵子の質を高めるプレグルを飲む理由になると言えそうですね。

 

⇒ミトコンドリアの活性サプリメントCB-1の詳細はこちら