MENU

40歳以上で妊活されている方へ

培養室で胚培養士としていると、仕事上患者さんのカルテをよく見ます。

 

胚培養士の腕のみせどころである体外授精、顕微授精を行う患者さんの年齢をみると大半の方が30代後半です。

 

20代後半、30代前半で治療を受けている方は受精卵の質が悪いというよりも子宮内膜に着床するのが難しかったり、卵管閉塞で体外授精じゃないと授かれなかったり、男性不妊の方が目立っていました。

 

奥様が30代後半になると多くの方が早くステップアップし、旦那さんの精子次第で体外授精か顕微授精をおこないます。

 

30代後半〜45歳の患者さんの場合、採卵する時に取れる卵子は数える程度です。

 

10個採取でいる方は稀で、40歳超えると良くて2〜3個、45歳の方では摂れて1個、もしくは採卵したものの空砲で卵子がない方もいます。

 

採卵だけで10万近くかかるので、正直この出費は痛いですよね。助成金がでるといっても1年間で支払った金額で考えると雀の涙程度。

 

ただ、1個でも質のいい卵子が採卵できればそれだけで妊娠できる可能性がグッとあがります。

 

採卵できた卵子の質次第で妊娠するか、しないかが左右するからです。

 

治療をしていると、胚移植後1発で妊娠する患者さんもいれば何度も顕微授精⇒胚移植を行う患者さんもいます。

 

年間で何度も挑戦するとそれだけ3桁を超える出費になりますよね。

 

授精させたあと、卵子の質が高くグングン理想的な形で成長した受精卵は着床率も高く比較的早く妊娠します。

 

ですが、仮にたくさん採卵できたとしても卵子の質が全て低ければどれもグレードが引くい受精卵で、移植しても妊娠率は極めて低いです。

 

稀にグレードが低い受精卵で妊娠される方もいますが、ほとんどの方が流産してしまいます。

 

妊娠した人と妊娠しなかった人の違いはやはり卵子の質だと言わざる得ない結果です。

 

もしあなたの年齢が40歳以上でお子様を望んでいるのであれば、卵子の質をよくするための方法を積極的に取り組んでほしいと思います。

 

子供がいる人生といない人生は全く別物です。子供がほしい方には全員に我が子を抱いて欲しい。そう思っています。